バーベキューコラム

Barbecue Pick -バーベキューコラム-

口直しのサラダ

オススメのバーベキューサイドメニュー10選

2017/09/20食材・料理

 

バーベキューではお肉やお野菜をワイワイ焼くことがたのしいですよね。
外で食べると味も格別。

しかしお肉やお野菜を焼くだけになったり、いつも同じメニューになりがちです。

いつものバーベキューに変化を付けたいとき、ちょっと特別なバーベキューをするときなどはこのようなサイドメニューを用意してみてはいかがでしょうか?

 

 

 

これがあればワングレードアップ


焼きガニ海鮮セット

 

お肉料理がメインのバーベキュー。簡単にできて変化があるメニューだと嬉しいですよね。

お肉もうれしいですが、魚介類があると味に変化が付くし、見た目も豪華になりますよ。おすすめです。東京だとスーパーもそこら中にあるので入手しやすいですね。

また、新鮮さにこだわり、気合を入れて朝一東京築地にGo!もありです。

 

 

・焼きカニ

焼いたり蒸したりと好きに調理することができるカニ。

バーベキューでは、ぜひ焼きカニでどうぞ。

 

カニは焼くと甘みが出て、とってもジューシーになります。

大きな足1本丸ごとなら、子どもも大人も大喜び!

焼きすぎると身がパサパサになりますので、焼き加減には気を付けてくださいね。

 

焼きカニでは、タラバガニがオススメです。

足が太いので身が食べやすく、ぎっしり詰まっているから食べた感じも得られますよ。

 

 

・海鮮系 (ホタテ、エビ、牡蠣、活サザエなど)

カニ以外にも、海鮮系の食材はいかがでしょうか?。

殻付きのホタテや牡蠣などは特にオススメ。

身だけ焼いたときには落ちてしまう汁も、片面だけ殻を外して焼けば、最中に出てくる汁もこぼさず楽しむことができます。

 

なによりそのまま殻ごと焼け、網もあまり汚れません。

他には活サザエや、有頭海老、ハマグリや大アサリもどうぞ。

 

 

 

 

・ローストビーフ

とっても豪華なお肉料理。それがローストビーフです。

牛のかたまり肉を前日に仕込んでおけば、当日は焼いてアルミホイルに包んでおくだけ。
手間も少なく簡単です。

それなのに見栄えはバッチリ!

 

かたまりのお肉だけあって、子どもも大興奮ですよ。

お肉を切った時のレアな断面には、歓声上がりますよ。

 

 

 

 

追加のもう一品に 


バーベキューでスペアリブ

 

バーベキューには、簡単にできる追加のもう一品をどうぞ。

手間も少なく、当日はすぐに完成するものをピックアップ。もう一品ほしいなという時には、このようなものはいかがでしょうか?

 

 

・スペアリブ

おすすめは豚や羊など、骨付のあばら肉を漬けておくだけのスペアリブ。

前日にハチミツや醤油、マーマレードジャムなどの調味料を漬けておけば、当日は焼くだけと簡単に調理をすることができます。

 

あばら肉だけあり、歯ごたえもよく食べごたえバッチリ。

ビールがとっても進みますよ。

 

 

 

・焼きおにぎり

おにぎりを持って行って網で焼くだけの簡単な焼きおにぎり。

 

中の具材は鮭やこんぶ、かつお節などもいいですね。
刻んだ梅干しが具材なら、さっぱりと食べることもできます。
こちらも東京ではコンビニやスーパーが近いので入手性◎です。

 

一緒に緑茶やお茶漬けの素を持っていけば、その場でおにぎり茶漬けも楽しむことができます。

 

少し肌寒い季節のバーベキューには、このおにぎり茶漬けが大人気。

スープ代わりにもなりますよ。

 

 

 

・パンピザ

フランスパンやバゲット、トーストなどでできるパンピザ。

当日に持っていく野菜を具材にすれば、ピザソースとチーズ、パンだけを持っていって作ることができます。

 

近くにスーパーやコンビニがあるバーベキュー場なら、パンのみ現地調達もできます。

こちらも東京なら問題ありませんね。入手性◎です。

 

それなら、もち運びでつぶれることもありませんね。

バーナーがあるときは、最後に炙ってチーズに焼き色をつけてもいいですね。

 

 

 

お口直しに


BBQに合うあっさりピクルス

 

コッテリとした料理が多いバーベキュー。コッテリ続きだと飽きてしまいますよね。そんなときにはさっぱりとした口直しはいかがでしょうか?口直しを挟めば、コッテリ料理もおいしく食べることができますよ。

 

 

 

・野菜のピクルス

ピーマンやキュウリ、セロリやニンジンなどの野菜を食べやすいスティック状にし、酢漬けにしたピクルス。ピクルス液を使えば、野菜を切るだけで簡単に漬けておくことができます。

 

他にも、キャベツやトマト、タマネギなどの野菜を漬けてもおいしいです。

バーベキューでは焼かない野菜を、ピクルスにして持っていくと喜ばれますよ。

 

 

 

・きゅうりの一本漬け

きゅうりのヘタを落とし、塩もみをしたり漬物の汁に浸すだけでできるのがきゅうりの一本漬け。

身体を冷やす効果があるため、きゅうりは夏の口直しにピッタリです。

 

食感もパリッコリッとしているから、また食欲が戻ってきますよ。

キムチの素で漬ければピリ辛にもなるので、味の変化を付けたいときにもぴったり、おすすめです。

 

 

 

 

締めに


スイカ

 

たくさん食べた後は、あまりくどくないものを食べたいですよね。そんなときにはこんなものを用意してみてはいかがでしょうか?

 

 

 

・スイカ

暑い東京の夏にはスイカが抜群です。

スイカは、カットして冷凍しても、そのままでもおいしいですよね。

 

丸ごとスイカを持っていけば、スイカ割りもすることができますよ。

 

その場合はレジャーシートを敷いて行うと、地面も汚れません。

ちょっとしたイベントにもなるため、スイカはオススメですよ。

 

 

 

 

・フルーツ串

パイナップルやぶどう、イチゴなどのひと口サイズにしたフルーツを串にしたフルーツ串。

 

冷凍しておけば、締めにぴったり。

そのまま串ごと焼けば、甘みが増して食べやすくもなります。

甘くてさっぱりとしたフルーツなら、おなかがいっぱいになっていても食べやすいですよ。

 

 

 

以上のように東京では入手性がいいもので素敵なサイドメニューをお楽しみいただけます。
東京以外の方でも、ぜひおすすめですよ。

これらを参考にしていただいて素敵な東京バーベキューを楽しんでくださいね。

 

 

 

 

 

 

東京バーベキューレンタル TOKYO BBQ KITCHENのTOPへ戻る

一覧ページへ戻る>>>

興味のあるカテゴリをお選び下さい。

バーベキューに関することはお気軽にご相談ください

03-6429-2455

PAGETOP

03-6429-2455